« 癒しのはずが大騒動 | トップページ | キレイなもの »

がま口教室

札幌滞在中に久しぶりにkimamaさんのがま口教室に行ってきました。

今回はかなりの大物。車掌さんボストン。

080916

画像ではわかりにくいですが綿麻の千鳥格子の生地(C&S)です。

久しぶりのお教室は、オーナーさんやいろいろの方とお話できて楽しかった~。

久しぶりに刺激を受けて帰ってきました。

0809161

バックは横から見るとこんな感じ。

底も底鋲がついて、本格的なバックに仕上がってます。

冬用にウールで帽子もおそろいで作ろうと考え中。

この大きさ、荷物の多い私にはうれしい大きさです。

                                                                                                                                                                       

                                                              

                                                                                                                   

                                     

さて、戻ってきてから・・・がま口作ってます。

本体は出来たが問題は口金付け。毎回いくつ成功するかとドキドキしてる。

0809164_2

|

« 癒しのはずが大騒動 | トップページ | キレイなもの »

コメント

ちよさん

はじめまして。
がま口の鞄を作ろうとなさっているのですね。
拝見させていただきましたが、ぜひ私も使ってみたいと思いました。

このブログに載せている作品ですが、
自分で型紙を作った物もありますが他の方が作ったパターンを利用させていただいているのもあります、
無断での流布・流用は出来ませんので、残念ですがご質問にはお答えできないのです。
お役に立てず申し訳ありません。

投稿: arrirri | 2008/10/22 20:03

はじめまして!立命館大学3回生のちよという者です。
今大学の研究でがまぐちのかばんを作ろうと思って探していたらたどりつきました。
こちらのブログに載せてらっしゃる素敵な手作りの品々を見て、どうやって作っているのかお伺いしたく思いました。
特にこの車掌さんボストンの形がわたしたちの作ろうと思っている鞄に近かったので、もしよろしければどのような裁断
なのか教えていただけないでしょうか?

こちらが私たちが作ろうとしている鞄のページです。→http://www.cuusoo.com/studio/user/019555/0001/

投稿: ちよ | 2008/10/21 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 癒しのはずが大騒動 | トップページ | キレイなもの »