« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

サクランボ刺繍の角親子がま口

220127

親子がま口を作りました。

角ペタンコがま口の刺繍の位置を調整して刺繍した生地を使っています。

タックが入ったりするので口金のサイズは角ペタンコがま口と一緒なのですがぎゅうぎゅうした印象。

もう少しバランスを考えるか試作で終了するか迷うところ…。

 

2201271

子がまにもワンポイント刺繍入り。

こういうのが楽しかったりしています。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::

 

壊してしまったカメラを修理に出しました。

戻ってくるまで早くても1ヶ月くらいはかかるらしい。

その間のカメラは夫に借りるか、iPhoneとiPadのカメラで乗り切ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

アート・コーナーへ納品しました

久しぶりのブログ更新です。

サッポロファクトリー3条館2階のアート・コーナーへ納品しました。

少なめですが

220109_20220125170401

斜め掛けバッグダークブラウン2点。ショルダーの長さ違い各1点ずつ。

220125

さくらんぼ刺繍を両面に入れた角ペタンコがま口。

22012512201252
リバティプリントの親子がま口1点。
合計5点です。

お店に行った際はお手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

 

長財布も作っていたのですが、つけた口金が少しキズがあったりで後ほどアウトレットととしてネットショップで販売します。

ネットショップの更新はもう少しお待ちください。

 

 

さてさて、本日、いつも使っているカメラの液晶画面を破損しました。

ちょっと気を付ければ免れたかもしれないのに不注意な自分にものすご~くがっくり。

そんなぶつけ方する?ってぶつけた瞬間思いましたよ。

カメラ本体もレンズも問題ないので一度修理に出してみようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

斜め掛けバッグ

今年の最初のバッグは斜め掛けバッグ。

220109

2201091

色はダークブラウン。

お洋服にも合わせやすい色です。

ショルダーの長さは115㎝と120㎝で各1点ずつで制作しています。

ショルダーの幅が6㎝と広く、肩への負担が軽減され持ちやすいです。

2201092 2201093

中はファスナーポケットとパッチポケット(スマホ等が入れられます)つき。

2201094

リベットの部分は開いています。

荷物を入れて肩に下げたときに開いている部分にリベットが収まって生地に負担をかけるのを減らしています。

2201095

今回はマスタードとブルーグレーの内布。

中はバッグを開けたときに見やすいので明るめの色を使っています。

この2点はサッポロファクトリー3条館2階のアート・コーナーへの納品予定です。

 

 

2201097 2201096

かけるとこんな感じになります。(この写真撮ったの3年前の春でした)

この写真に写っているバッグいまだに現役で使ってます。

 

| | コメント (0)

今年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって素敵な一年でありますように。

写真は元旦の朝に少しの間晴れたときに見えた羊蹄山。

初日の出は見れなかったので、羊蹄山がきれいに見えてラッキーでした。(冬は山も青空も見えると嬉しい)

220102

今年は大雪の元旦でした。

夕方新千歳空港の飛行機が欠航しているのを知ってそんなに荒れていたのとびっくりしました。

我が家のある地域は普段から雪の多いところなので、昨日も降ってるなぁとおもってはいたのですが交通が乱れるほど大荒れだったなんて…。

早く天気が回復しますように。

 

 

毎年ここ数年、今年やりたいことを100個書いて1年経ってどれくらいできたかなと確認するのを楽しんでいます。

今年やりたいことはまだ書いてないのですが、去年書いたやりたいことを見て、今年やれたらなぁと思ったことを実は昨年も思っていたという事実にえ~っとなったのでした。(そんなこと書いたことすら忘れていた)

なので、やりたいことを今年は途中で確認しようと思いました(笑)

 

今年はめいっぱいいろんなことを楽しみたいと思っています。

イベントにも出ようと思っています(もともとたくさんは出ていないので数回出られれば良いかと…)

どこかのイベントでお客様にお会いできる日があるといいなと思っています。

 

まずは委託先とネットショップの作品を作ります。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »