クローバー刺繍の小さいがま口

200531

クローバー刺繍をして小さいがま口2種類作りました。

2005311

中は水玉の生地です。

別の色のリネン生地にも刺繍しているのでこれから作る予定です。

 

休業していた札幌ファクトリーが営業を再開したので、委託先のアートコーナーさんも営業再開しています。

しばらく納品ができておりませんが、6月には納品できればと思っています。

 

 

週末、急に夏の気温(昼間)になりました。

外で畑の作業をしていたら、暑くて熱中症になるかと思いました。

水分と塩分補給をしながら4時間くらい外にいたら、その日は疲れて何もできなかった…。

でも土に触れたり、植物に触れたりしながら作業するのは楽しい。

作業しながらこんなの作ってみたらどうだろうとか思いついたりしてそれも面白いです。

でも、土の中から出てくるミミズだけはちょっと苦手です。

 

 

 

Photo_20200531214001

著書発売中です。

Amazon楽天ブックスでもご購入いただけます。

 

 mini-poche(ミニポッシュ)のSNS

Twitter 

Instagram

メールでのお問い合わせは下記にお願いします。

minipoche_shop☆mbr.nifty.com(☆を@に変えてください)

 

 

|

角ペタンコがま口 

200525

型紙を微調整して作りました。

今回はミシン刺繍をしたダンガリーの生地にチェックの生地を合わせました。

夏に向かってさわやかに…。

2005252

縫う前の表側本体と型紙。

型紙は上が微調整したもの、下が以前のもの。

ほとんど変わらないのですが口金に入る両サイドの長さを2㎜短くしました。

 

2005251

リベット部分、隙間なく作れました。

リベット部分に隙間があっても使うときに支障はありません。

mini-pocheのがま口も隙間を作っているものもあります。

今回は隙間なしで作り直したかったので調整しました。

 

 

昨日は久しぶりにパンを焼きました(2年ぶりくらい)

久しぶりなのにバターたっぷりでリッチな生地を選択したのでパン生地がうまく扱えず、不格好なパンが焼きあがりました。

味はおいしかったので次回はきちんと形が作れるようにしたいです。

 

 

 

Photo_20200525100101

著書発売中です。

Amazon楽天ブックスでもご購入いただけます。

バッグ見本帖の立ち読みが日本ヴォーグ社のサイト「手づくりタウン」でできるようになってます。

サイトのお買い物→本をクリックしていただくと本の表紙がたくさん出てきますので、バッグ見本帖を選んで立ち読みをクリックするとみることができます。

全作品見られますので、ぜひご覧ください。

 

 

 mini-poche(ミニポッシュ)のSNS

Twitter 

Instagram

メールでのお問い合わせは下記にお願いします。

minipoche_shop☆mbr.nifty.com(☆を@に変えてください

 

 

 

 

 

|

クローバー刺繍のミニがま口

200522

クローバ刺繍のミニがま口。

刺繍はサテンステッチをタタミ縫いに変えて作ってみました。

タタミ縫いもよいのだけれどサテンステッチのほうが好みなのでまたデーターを調整中。

刺繍のサイズ、ミニがま口にするにはちょっと大きめかなと思います。

 

 

 

昨日、デジカメのいつも使うレンズが壊れました。さっきまで使えてたのに、次に電源入れたら壊れてビックリしました。

びっくりしたこともう一つ。

昨日は椅子(オットー)からバランスを崩し椅子ごとひっくりかえりました。

ひっくり返った瞬間、右臀部を床に打ち付けました。痛くてしばらくの間動けなかった…。

しばらく痛みは続きそうですが大きなけがもなくすんでよかったです。

 

 

 

 

 

Photo_20200522184101

著書発売中です。

Amazon楽天ブックスでもご購入いただけます。

 

 mini-poche(ミニポッシュ)のSNS

Twitter 

Instagram

メールでのお問い合わせは下記にお願いします。

minipoche_shop☆mbr.nifty.com(☆を@に変えてください)

 

|

チューリップ刺繍のがま口

昨日、1週間ぶりに車で外出したら、桜が咲き始めてました。

5分咲きくらいかな。車窓から眺めて楽しみました。

来年はゆっくり見に行けるとよいなぁ。

 

 

さて、久しぶりのがま口。

ミシン刺繍は自分でデータを作ったチューリップ。ミシン刺繍糸は光沢のない糸を使ってます。

リネンはスモーキーな薄ピンク色。

200508

一緒に写っているクロスステッチはバッグを作ろうと思っている生地に試しに直接ステッチしたもの。色合いがあったので一緒にパチリ。
(蝶の図案はクロス・ステッチ復刻図案集(学研プラス刊行)より)

 

2005082

中はリバティの生地です。

 

 

 

「バッグ見本帖」5月13日発売予定です。

Photo_20200504100301

基本のバッグとそのバッグをアレンジしたものやがま口バッグ、ミニドラムバッグ、バッグインバッグ等58点の作品が掲載されています。

この本でバッグ作りを楽しんでいただけると嬉しいです。

Amazon楽天ブックスなどでも予約できます。

 

 

|

角型親子がま口

200315

角型の親子がま口。

ダーツを入れてるので下部がぷっくりしてます。

2003151

こちらはドイツのヴィンテージ生地。

2003152

カードポケットが両側についています。。

2003153

こちらはイギリスのヴィンテージ生地。

2003154

なかはこちらもカードポケット付き。

 

角型の親子がま口は小ぶりに作っているのであまりたくさんは入れられません。

小さいので小さめのバッグにも入れやすいと思います。

 

 

 

 

|

印鑑ケース

急に暖かくなって日中はストーブを点けずに過ごせました。

 

型紙を作って、昔購入して残っていた口金で印鑑ケースを作りました。

口金が古くて傷が入っていたりしてるので自分用。

200309

表側に厚手の芯を貼り、内側は合皮スウェードにしました。

型紙は内側を少しサイズ変更して作っています。

2003091

両方ともリバティで作りました。

本体がリベットより内側に入ってしまってるので、作った型紙は出来上がった後で調整しました。

調整したけれど、この口金もうないようなので近いサイズを購入した時にまた型紙を作り直して作ります。

この形だと口金つけやすいので、初めてがま口を作るのならこの形からスタートがよいかもしれない。

 

 

|

型紙

3月になりました。

今週はまだ少し寒いらしいです。

 

昨日はちょっとのんびりしようとクロスステッチをしてました、があまり進まず。

1日で仕上げるつもりがまだ終わってません。今日中に終わるかなぁ…。

 

最近はずっと気になっていてやりたかったことを少しずつしてます。

その一つが型紙のデジタル保存。

まずは小さめのがま口から…。

200301

 

 

 

 

 

|

刺繍入りの小さいがま口

200229

ミシン刺繍の花の小さいがま口。

キノコ刺繍は裁断したときのバランスがうまくいかず、今回はがま口にしませんでした。

最近は気温が低い日が続いてますが、割と天気の良い日が多いです。

早く花が咲く季節が来てほしい。

 

 

|

増補改訂版 がま口がいっぱい掲載作品3

増補改訂版がま口がいっぱい(日本ヴォーグ社)の掲載作品

千鳥格子のハンドバッグ

2001221

持ち手を鮮やかな色で作りました。がま口本体はコットンの千鳥格子柄。

木工口金を使用しています。

2001222

サイドから見た感じ。

(写真の色が黄色いのは背景をクリーム色にしてしまったためです…)

2001223
今回作った親子口金の長財布と3枚口のA6収納ケースを入れることができます。

(この写真が一番現物の色に近いです)
2001224


バッグの入口が長財布より狭いので斜めに入れましたがバッグの中でしっかり納まります。

木工口金はマグネットで閉じる仕様、バッグ本体の固定もねじです。

個人的にはウールの生地で作りたいなぁと思っています。(この冬に作れるだろうか…)

 

 

 

 

 

|

増補改訂版 がま口がいっぱい掲載作品2

増補改訂版 がま口がいっぱい(日本ヴォーグ社刊行)

掲載作品 3枚口のA6収納ケース

200119

リバティのラミネート加工の生地でエデナムを使って作りました。

2001191

内側は帆布で仕立ててます。

2001192

通帳やお薬手帳入れなどとしても使えるので、カードポケットを付けています。

作られるときに自分好みでポケットなどを付けて作っていただけるとよいかなと思います。

 

 

 

|

より以前の記事一覧