丸底小物入れを作ろう!(作り方と型紙あります)

丸底の小物入れです。

幅約14㎝×高さ10㎝のサイズです。

卓上に置いて使用するのにちょうどよいサイズだと思います。

私はハギレを入れたり、作ってる最中に使用するパーツなどを入れたりしてます。

Kansei


 

型紙は2枚になりますがPDFファイルでダウンロードできますのでご自宅のプリントでダウンロードしてお使いください。(無料です)

型紙のダウンロードはこちら

小物入れ型紙1

小物入れ型紙2

 

写真の小物入れの使用生地は表側は11号帆布、内側はブロード生地。

作り方はこの下に記載しています。

 

Katagami_20210306192301

型紙

配布している型紙には持ち手の長さ2種類記載しています。上記写真は短い持ち手(24㎝)のほうを使っています。

お好きな長さでお使いください。

 

 

Kiji

使用する生地を裁断したところ。

裁断するときに底と胴の合印を入れておくのを忘れずに。

今回は接着芯は使用しておりませんが表袋に薄手の生地を使うときは接着芯を使用したほうが自立すると思います。

 

 

【作り方】

①持ち手を作る

M1

持ち手は2枚裁断し、中心に向かって両端を折ります。

M2

2枚を重ねます。

M3

2枚を重ねて端から0.2㎝のところを両端とも縫います→これで持ち手は完成です。(この写真はクリックすると拡大します)

 

②表袋を作る

M4

胴2枚を中表に追わせて両端縫い代1㎝で縫います。

M5

縫い代をアイロンで割ります。

M6

縫い合わせた両端に0.5㎝の幅でステッチします。

 

M71

ステッチした状態。(この写真はクリックすると拡大します)

M81

底と縫い合わせる側を長さ0.5㎝ほどで1㎝間隔で切り込みを入れます。

M91

底の合印4か所に胴の合印と縫い合わせた箇所をそれぞれ合わせる。

M10

底と胴を縫い合わせる。

M11

表袋完成。

 

③裏袋を作る

M151

返し口を残して縫い代1㎝で縫い合わせます。

裏袋は縫い合わせた部分にステッチを入れません。

底を表袋と同じようにして縫います。

M21

裏袋完成。

 

 

④持ち手を表袋に仮止めする

M12

胴の縫い合わせた部分

131

縫い合わせた部分に持ち手をミシンで仮止めします。(上部から0.5㎝のところをミシンで縫います)

M14

持ち手を反対側へもミシンで仮止めします。

 

⑤表裏袋を縫い合わせる

M16

中表で表裏袋を合わせて袋口を1㎝の縫い代で1周縫います。

M17

縫い合わせたところ。

 

M18

返し口から表袋を引き出します。

 

M19

引き出されたところ。

返し口はコの字綴じで縫い合わせます。

M201

返し口を縫い終わったら裏袋を表袋に収めて上部から0.5㎝のところを1周ステッチして完成です。
(ステッチの様子は1枚目の完成形がわかりやすいです)

 

 

何か不明な点がありましたら、コメント欄よりご質問ください。

作ること、作ったものを使うことどちらも楽しんでいただけますよ~に。

個人的にはこの中にお菓子やティーパックなどを入れて置いておくのもよいかな~などと思ってます。←単におやつ大好きな人。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ポーチを作ろう!!(型紙と作り方あります)

 

 

ポーチの型紙とつくる手順をブログにまとめました。
(これが去年からやりたかったことの一つです。)

型紙もダウンロードできるようにしていますのでおうち時間にどうぞ利用ください。

ちなみに作り方の写真の型紙は今回配布する前の型紙を使っていますが作り方の順序は同じです。

 

 

型紙のポーチのできあがった写真です。

Zenntai

できあがりサイズはファスナー口17㎝、横の最大値19.5㎝、長さの13㎝。

16㎝玉付きファスナーを使用します。

ダーツを入れて作る少しぷっくりしたファスナーポーチです。

内袋は手縫いでまつり付ける作り方で作っています。

 

作り方の工程、わかりにくいこともあるかもしれません。もしわかりにくいところなどがあれば、この記事のコメント欄からご質問くださいね。

 

ポーチの型紙は下記「16㎝ファスナーぷっくりポーチ型紙」からダウンロードしてご自宅のプリンターでプリントしてお使いください。(無料です)

データーはPDFで、型紙はA4用紙1枚にプリントできます。

Sample

型紙のダウンロードはこちらから↓

16cmファスナーぷっくりポーチ型紙

 

 

 

【16㎝ファスナーぷっくりポーチ 作り方】

(作り方は私が普段作っている作り方で記載しています)

 

Parts

写真はぷっくりポーチの裁断した布(外側と内側)と玉付きファスナー16㎝、2㎝幅のリボン4㎝。

ポーチの生地用尺は横27㎝×縦35㎝を各1枚ずつ 

写真の生地はリバティの11号帆布とコットン(ブロードやシーチング程度の厚さのもの)

Saidan

①裁断

 

Nocchi
②左右のダーツの両端と底の中心にノッチ(1~2㎜の切り込み)を入れる。



Darts1_20210110172901

③ダーツの先端部分に糸で印をつける(糸は抜けない程度に切る)

(※ダーツの部分は切りしつけやチャコペーパーなどで印をつけても…。)

 

Darts2_20210110172901

④ダーツを縫う。
 ダーツの両端を合わせて折り写真の黒い線の部分を縫う。

 

Darts3_20210110172901

⑤先端まで来たら返し縫いはせず、上下糸をそのまま10㎝くらい残して切る

 

Darts4_20210110172901

Darts5_20210110172901

⑥糸を2回結ぶ

 

Darts7_20210110172901

⑦結び終わったら糸を切る。残りのダーツも同じように縫う。

 

Tabu
⑧タブをファスナー付け口の部分から3㎝のところに仮止めする。 



1_20201222185001

⑨ファスナーとポーチ本体を中表に合わせて縫い合わせる。

0

※ファスナーは写真のように端を折って、ポーチ本体と縫い合わせる。

 

2_20210106152501

⑩ファスナーの脇にステッチする。(縫い代は本体側にたおす)

 

3_20201222185101

⑪ダーツは外向きに倒して中表に合わせポーチを縫い合わせる。(縫い代1㎝)

 

4

⑫カーブ部分に5㎜くらいの長さの切り込みを5~7㎜間隔で入れる

 

5

⑬縫い代を割る(今回は小さいものなので指で縫い代を割っています)

 

1_20201222184801

⑭ダーツを縫い、ポーチの袋口部分を外側に8㎜折り目をアイロンでつける。

 

Photo_20201222185001

⑮ダーツを内側(底中心側)にたおして、内袋の袋口を外側に折り中表に合わせて縫い合わせる。(縫い代1㎝)
 縫い終わったらカーブに切り込みを入れ縫い代を割る。

 

Photo_20201222185003

⑯内袋をまつり縫いで縫い付ける(2本のミシン線の上部に合わせて縫い付ける)

 

6

※ファスナー付近の縫い代を割って袋口のファスナーに縫い留めておくと内袋を縫い付けやすいです。

 

Photo_20201222185002
⑰縫い付け終わった状態

 

Pouch1

⑱表に返して完成。


Itoto

ミシン糸(200m巻き)と並べてみました。

ハンドクリームとか今ならアルコールのジェルなどを入れたりするのによいサイズかなと思います。

あとはモバイル機器の充電コードなどを入れるのにもちょうどよいサイズです。









 






 
           

| | コメント (0)

16㎝ファスナーぷっくりポーチ

210110

16㎝ファスナーぷっくりポーチ。

去年から作ってますが最終の型紙で作ったのが上の写真。

Pouch1

リバティで作ったり

Kinoko
刺繍入れて作ったり、同じ型紙でダーツなしで作ってみたり。

型紙を調整して作り方を確認したり、どの方法が縫いやすいか検討したり…。



実は今年はポーチなどの型紙と作り方のキットを作ってみようと思っていて、勉強を兼ねてこのポーチの型紙を作って作り方の説明を作ってみました。

慣れないから一人で縫って写真撮ってをするだけでも時間のかかること…。

写真を加工して、作り方をブログに書いては読み直し、足りないなぁと思うところは写真を足したりして作り方を書きました。

 

近々、ブログでポーチの型紙と作り方を載せますのでよろしければご利用ください。

 

今年も作ったバッグやポーチの販売もゆっくりですが行いますので、その際はネットショップも見ていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)