夏至とスリムバッグインバッグ

今日は夏至、そして部分日食でしたね。

200621

午前中こんなに晴れていたのですが、部分日食が始まるころにはすっかり太陽は雲に隠れてしましました。

これは部分日食が見られるのではと準備してたのですが見ることができず残念でした。

 

 

2006212

こちら以前に作ったスリムバッグインバッグ。

2006213

中にはがきが入るサイズの吊りポケットを付けてます。

写真はA4ノートB6サイズのノート、はがきサイズのスケッチブックとはがき1枚、ペン2本を入れています。

 

「バッグ見本帖」にはバッグインバッグが2種類掲載されています。

本に掲載している横型のバッグインバッグはこのスリムバッグインバッグの形をアレンジしています。

外ポケットつき、サイズもほんの少し大きめにして作っています。

入る内容は上記の写真と同じくらいです。

持ち手もバッグの袋口にファスナーなどもありませんがバッグの中で手帳やノートなどまとめて入れておけるので便利です。

 

Photo_20200621172801

発売中です。

Amazon楽天ブックスでもご購入いただけます。

 

 mini-poche(ミニポッシュ)のSNS

Twitter 

Instagram

メールでのお問い合わせは下記にお願いします。

minipoche_shop☆mbr.nifty.com(☆を@に変えてください)

 

 

 

 

 

|

お直し

以前に作った手ぬぐいのペタンコバッグ(その時のブログはこちら)

本体は傷んでなくて、持ち手の部分が擦り切れたので補強しました。

ほどいて持ち手ごと変えようかとも思ったのですが、持ち手だけ変えると本体から浮きそうだったので濃いめの色のシーチングで擦り切れたところを包んでミシンで縫っています。

これでまたしばらくエコバッグとして使えます。

200620

 

2006201

手ぬぐいを余すことなく使って作ったので、持ち手は表側から本体に縫い付けて作っています。

手ぬぐいはあずま袋を作ったっりするのもよいですよね。

 

 

 

|

ピンクッション

200614

以前に刺繍した蝶のクロスステッチ。

小さなピンクッションにしました。

さっそく今刺繍している図案に使う針を刺して使っています。

裏はフィンランドのヴィンテージ生地を使いました。

3.5cm×3.5㎝くらいのサイスです。

このサイズのビスコーニュがあったらかわいい気がする…。

 

手芸資材など欲しいものがあるのですが、欠品になっていることも多く、まずは在庫で作っています。

まとめて注文できる日まで少し待とうと思っています。

 

 

|

キノコのコースター

200421

がま口にしようか迷って、自分用のコースターにしたキノコのクロスステッチ。

しまくま堂さんで購入したドイツのキノコリボンをタグにしてみました。

2004211

マグカップを置くと見えないけれど。

2004212

マグカップをあげたときに見えるキノコのステッチで楽しくなる。

コースターは作業場で使うことが多いので、作業の途中で好きなものを見るとちょっと和む。

コースターはやや硬めの芯を使ったので貼りがあります。

洗濯していくと変わるであろう布の変化を見るのも使っていく楽しみの一つ。

 

写真に写っている編み物はいずれベストになる予定。

たまに思い出したように編むのだけれど、忙しくなるとまたまたしばらく編まないので完成までのんびりと進めます。

 

 

 

以下お知らせです。

著書が日本ヴォーグ社さんから出版されます。

タイトルは「バッグ見本帖」(発売日は2020年5月13日)

Photo_20200415192501

この本ではトートバッグ、ショルダーバッグ、サコッシュなど基本のデザインと基本のデザインにアレンジを加えたバッグ、その他ポシェットやがま口バッグ、ボストンバッグなどいろいろなバッグを作っております。バッグインバッグもあります。

好きな生地で作って日常でたくさん使っていただけるバッグをと考えて制作しました。

Amazonなどで予約も開始されています。リンクはこちら

発売されましたらぜひご覧いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします

 

 

 

|

コースターとマグカップ

191227

作業中、いつも水分補給できるように作業の邪魔にならない場所にマグカップを置いている。

マグカップを置くためのコースターははぎれでけっこう作ってあって、洗濯機に放り込んでは洗ったものを順番に使っていく。

ミシン刺繍の色を間違ったのでコースターにしたこの一枚は思いのほか気に入った。

ミシン刺繍の図案がなかなか増えないけれど来年もゆっくり作っていければと思う。

 

 

|

鍋つかみ

少し前に作った鍋つかみ。

サイズはバラバラ。

今まで使ったものがくたびれてきたのではぎれをつないで作りました。

1912211

生地はリネンとコットンリネン。

コーヒーをドリップするときのポットを持つことも多く、だんだんコーヒーのシミもついたりしていく鍋つかみ…。

汚れたら洗濯機に放り込んで洗濯して乾かしていつもきれいなものを使えるように3枚…。

もう少し在庫があっても良いくらい使用頻度の高い小物です。

 

|

ネットショップ再オープンしました。

ネットショップ、再オープンしました。

よろしくお願いいたします。

SHOPはこちら⇒https://minipoche.shop-pro.jp/

 

Photo_20190624091701

親子がま口長財布

Photo_20190624091702

道具入れなどをアップしています。

スリムバッグインバッグも3点ほど・・・・・。

バッグもありますのでご覧ください。

 

 

|

道具入れ

190423

道具入れ。

ビニールコーティングの生地を使用しています。

ポーチは取り外しでき、中にドミット芯を入れています。

写真ではがま口を付けるときの工具類を入れています。

1904231

持ち歩くときはこのように丸めます。

1904232

 

::::::::::::::::::::::

Banner_makers300x250_11

Handmade MAKERS' (東京ビックサイト西3ホール 日本ホビーショーと同時開催)

4月25日~27日(10:00~18:00、最終日17:00まで)

mini-pocheは25日、26日の2日間出展。ブース:MB-27

190420_2

 

|

スリムバッグインバッグ

1903121

今回は紫と青緑色の帆布で作りました。

190312

細めのペンケースも入ります。

薄手のノートなら数冊入ります。

1903122

制作途中の続きの内袋。

帆布は硬いので先に袋口の折り目付けてから縫っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

昨晩は久しぶりに雪が降り、朝窓を開けたら外は雪が積もってました。

春はもう少し先かなぁ。

今日は刺しゅうミシンを稼働させながら、作業していたので部屋の中をくるくる回りながら作業しておりました。

PCからミシンへデータ―を送って、糸と布をセットして、ミシンをスタート。

この作業がやっとスムーズになって楽しくなってきました。

 



|

制作途中

190306

スリムバッグインバッグ、まとめて内布を途中まで作っておきます。

上の写真はポケット部分。

1903061

内布本体の一部にミシンでポケットを仮止めしておきます。

このあと帆布と縫い合わせて、袋状に縫います。

イベントに向けてこちらは制作しています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

PM2.5の影響で霞んでいる空。

散歩するならマスクした方がいいだろうなぁという感じです。

連日あたたかいので、地面が見えている場所にふきのとうが少し顔を出しているのを見かけました。まだ3月初旬なのに・・・・・。びっくりです。


|

より以前の記事一覧