ポーチを作ろう!!(型紙と作り方あります)

 

 

ポーチの型紙とつくる手順をブログにまとめました。
(これが去年からやりたかったことの一つです。)

型紙もダウンロードできるようにしていますのでおうち時間にどうぞ利用ください。

ちなみに作り方の写真の型紙は今回配布する前の型紙を使っていますが作り方の順序は同じです。

 

 

型紙のポーチのできあがった写真です。

Zenntai

できあがりサイズはファスナー口17㎝、横の最大値19.5㎝、長さの13㎝。

16㎝玉付きファスナーを使用します。

ダーツを入れて作る少しぷっくりしたファスナーポーチです。

内袋は手縫いでまつり付ける作り方で作っています。

 

作り方の工程、わかりにくいこともあるかもしれません。もしわかりにくいところなどがあれば、この記事のコメント欄からご質問くださいね。

 

ポーチの型紙は下記「16㎝ファスナーぷっくりポーチ型紙」からダウンロードしてご自宅のプリンターでプリントしてお使いください。(無料です)

データーはPDFで、型紙はA4用紙1枚にプリントできます。

Sample

型紙のダウンロードはこちらから↓

16cmファスナーぷっくりポーチ型紙

 

 

 

【16㎝ファスナーぷっくりポーチ 作り方】

(作り方は私が普段作っている作り方で記載しています)

 

Parts

写真はぷっくりポーチの裁断した布(外側と内側)と玉付きファスナー16㎝、2㎝幅のリボン4㎝。

ポーチの生地用尺は横27㎝×縦35㎝を各1枚ずつ 

写真の生地はリバティの11号帆布とコットン(ブロードやシーチング程度の厚さのもの)

Saidan

①裁断

 

Nocchi
②左右のダーツの両端と底の中心にノッチ(1~2㎜の切り込み)を入れる。



Darts1_20210110172901

③ダーツの先端部分に糸で印をつける(糸は抜けない程度に切る)

(※ダーツの部分は切りしつけやチャコペーパーなどで印をつけても…。)

 

Darts2_20210110172901

④ダーツを縫う。
 ダーツの両端を合わせて折り写真の黒い線の部分を縫う。

 

Darts3_20210110172901

⑤先端まで来たら返し縫いはせず、上下糸をそのまま10㎝くらい残して切る

 

Darts4_20210110172901

Darts5_20210110172901

⑥糸を2回結ぶ

 

Darts7_20210110172901

⑦結び終わったら糸を切る。残りのダーツも同じように縫う。

 

Tabu
⑧タブをファスナー付け口の部分から3㎝のところに仮止めする。 



1_20201222185001

⑨ファスナーとポーチ本体を中表に合わせて縫い合わせる。

0

※ファスナーは写真のように端を折って、ポーチ本体と縫い合わせる。

 

2_20210106152501

⑩ファスナーの脇にステッチする。(縫い代は本体側にたおす)

 

3_20201222185101

⑪ダーツは外向きに倒して中表に合わせポーチを縫い合わせる。(縫い代1㎝)

 

4

⑫カーブ部分に5㎜くらいの長さの切り込みを5~7㎜間隔で入れる

 

5

⑬縫い代を割る(今回は小さいものなので指で縫い代を割っています)

 

1_20201222184801

⑭ダーツを縫い、ポーチの袋口部分を外側に8㎜折り目をアイロンでつける。

 

Photo_20201222185001

⑮ダーツを内側(底中心側)にたおして、内袋の袋口を外側に折り中表に合わせて縫い合わせる。(縫い代1㎝)
 縫い終わったらカーブに切り込みを入れ縫い代を割る。

 

Photo_20201222185003

⑯内袋をまつり縫いで縫い付ける(2本のミシン線の上部に合わせて縫い付ける)

 

6

※ファスナー付近の縫い代を割って袋口のファスナーに縫い留めておくと内袋を縫い付けやすいです。

 

Photo_20201222185002
⑰縫い付け終わった状態

 

Pouch1

⑱表に返して完成。


Itoto

ミシン糸(200m巻き)と並べてみました。

ハンドクリームとか今ならアルコールのジェルなどを入れたりするのによいサイズかなと思います。

あとはモバイル機器の充電コードなどを入れるのにもちょうどよいサイズです。









 






 
           

| | コメント (0)

16㎝ファスナーぷっくりポーチ

210110

16㎝ファスナーぷっくりポーチ。

去年から作ってますが最終の型紙で作ったのが上の写真。

Pouch1

リバティで作ったり

Kinoko
刺繍入れて作ったり、同じ型紙でダーツなしで作ってみたり。

型紙を調整して作り方を確認したり、どの方法が縫いやすいか検討したり…。



実は今年はポーチなどの型紙と作り方のキットを作ってみようと思っていて、勉強を兼ねてこのポーチの型紙を作って作り方の説明を作ってみました。

慣れないから一人で縫って写真撮ってをするだけでも時間のかかること…。

写真を加工して、作り方をブログに書いては読み直し、足りないなぁと思うところは写真を足したりして作り方を書きました。

 

近々、ブログでポーチの型紙と作り方を載せますのでよろしければご利用ください。

 

今年も作ったバッグやポーチの販売もゆっくりですが行いますので、その際はネットショップも見ていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

バッグインバッグ 

201201

11号帆布でバッグインバッグ。

A4(訂正→A5)サイズのノート手帳等入ります。

外にはポケット6つ。

片面はタックつきのポケット3つ。

2012011

反対面は両サイドに細いポケット2つと真ん中に大きいポケット一つ。

2012012

サイドから見た状態。

家庭用ミシンで縫製しました。

2012014

中はファスナーポケットが真ん中にあって仕切りになっています。

ファスナーポケットは両サイドのみで固定、底部分はバッグに固定されていません。

11号帆布2枚仕立てはしっかりするのですが、バッグインバッグとしてはやや重いと思う方もいると思います。軽いバッグにはお勧めですが。

 

 

実はこれかつて作ったバッグインバッグを少し改良しました。

2012013

水色が旧作。

今回のはポケットの位置を高くしております。

作り直した一つは手帳やノート、ペンなどをひとまとめにしておきたかったから。

自宅で場所移動しても使えるようにノート筆記具をセットしておきたいというのもあって作りました。

メーカーの違う帆布を使ってもう一度縫ってみる予定です。

制作するのに自分で線を引いて裁断すればOKなのですが貼り合わせの型紙も作りました。

 

 

 

| | コメント (0)

15㎝ファスナーのポーチ

201130

15cmファスナーポーチ。

長さを少し大きくして作っています。

内布はまつり縫いで縫い付けています。

15㎝ファスナーの在庫がなくなったので購入しようとネットで見ていたのですが、15㎝より16㎝のほうがいろんな店舗で多く扱われているようでした。

なので16㎝のファスナーを使用して似たような形のポーチにしようともう一度型紙を作っています。

 

やりたいことがいろいろあって、できるときに少しずつ進めています。

進めていますがゴールまではもう少しかかりそうです。

 

今朝起きたら雪が降って積もっていました。日中には溶けてきましたがこのまま根雪になりそうです。

 

 

| | コメント (0)

15cm ファスナーポーチ

201122
15㎝ファスナーのポーチ。

 

2011221

ダーツを深めに入れたのでぷっくり仕上がっています。

このポーチは内布手縫いで外袋に縫い付けています。

ハンドクリームとかリップなど入れたり、モバイルのケーブルなどを入れて持ち歩くのにいいサイズです。

 

 

ポーチの刺繍はミシン刺繍です。

2011223

ミシン刺繍久しぶりに図案を作ってデーターを作りました。

下記の図案を刺繍データーにしています。

オートで作れるかなと思ったのですが、自分でパンチして作りました。

縫い順と糸のカットの位置で刺繍する時間とできあがったときの刺繍の裏のきれいさが断然違うということがやっと体感できました。

ワンポイントの刺繍が多いのでいままであまりわからなかったことなのです。

刺しゅうのほうがコーヒー豆は細くできてますが雰囲気がこっちのほうが好きだったので細めの感じのままで刺繍しています。

2011222

 

 

 

 

02_20201122102601

引き続き著書も発売中です。

Amazon楽天ブックスでもご購入いただけます。

 

 mini-poche(ミニポッシュ)のSNS

Twitter 

Instagram

メールでのお問い合わせは下記にお願いします。

minipoche_shop☆mbr.nifty.com(☆を@に変えてください)

 

 

 

| | コメント (0)

制作中

昨日は風も強くて寒かったです。

暑さが去って寝苦しさから解放されたためなのか、夜は久しぶりに早く寝てしまいました。

 

 

がま口バッグは本体の外側2個縫い上がりました。

今日はその次の過程に進む予定です。

2009021

がま口バッグの外ポケットの内側につくファスナーポケット。

ファスナーの長さ14㎝なので駐車券とかICの乗車カードとか入れておくのに便利です。

もう少し写真を撮ろうと思ったいたのですが、この写真を撮った後、縫うのが楽しくてそのまま本体縫ってしまったのでした。

 

 

 

 

2009022

「楽しく学べる!ポーチの教室」(日本ヴォーグ社)の繁体字(台湾)版をいただきました。

表紙に載っているがま口を含め、7点制作させていただいています。

フランス語版に続いての翻訳版です。

 

がま口のポーチは上記のほかにA5手帳ポーチ

2009023

親子口金の旅行ポーチがあります。

2009024

こちらは中にポケットがあり仕訳しやすいようにしています。

2009025

表紙のがま口はカード入れサイズの小ぶりのものです。

他の2点は大き目のサイズの口金ですが、角型なので口金はつけやすいと思います。

 

 

|

型紙とポーチ

200822

型紙を電子化。(少しずつ進めてる作業)

型紙はがま口バッグMサイズ。

できたと思って印刷しましたが、記載漏れを見つけてしまったので完成まであと少し。

少し縫いにくかったところを修正したので実際に縫ってみて、再度型紙調整する予定です。

 

 

 

2008221

14㎝ファスナーポーチ。

ファスナーポーチをきれいに仕立てるために、前回作ったときの気になったところを気を付けて縫っていきます。

このポーチは底のカーブをきれいに出せるようにいろいろ試してみています。(縫い方、縫い代の始末の仕方など)

2008222

中は無地の生地。

 

 

 

2008223

昨日の夕景。

時々こんなきれいな色の空が見えると写真を撮りたくなるのです。

 

 

「名建築で昼食を」というドラマを見たのですが、建物の内部なども詳しく説明もあって見られるのがとっても良かったです。

そして俳優さんたちの使っているバッグや小物、主人公の部屋のインテリアなどが好みでそれを見るのも楽しい~。

始まったばかりなのでこの後の放送も楽しみに見ようと思います。

原案の本も読んでみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

小物いろいろ

昨日は北海道も暑い1日でした。

我が家も外気温30度を超えていたようで、午後の作業部屋の室温は31度になってました。

エアコンはないので窓全開にして幸いにも風が通っていたので何とか過ごせましたが、集中する作業は止めておきました。

今日は涼しくなるといっていた天気予報通り涼しい。それを通り越して寒い…状況です。

冬も思ったけれど夏も寒暖の差が激しくなっていることを実感しています。

 

200820

連休中に作りかけのものが出てきたのでいろいろ形に。

ポーチとコースターの刺しゅうは「刺繍教室(日本ヴォーグ社)西須久子著」よりステッチしたものです。

巾着袋はロックミシンで底とサイドの生地端を始末をして一枚仕立てで作りました。

使い終わったマスクを入れて使おうと思っています。そのまま巾着も洗濯できる。

リバティの端切れをパッチワークしたものは小さいマットに。

リバティの端切れ(この生地大好きでした)をコースターに。

小物なのであっという間に仕上がって、出来上がった満足感もありました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ボタンホールをあける

2008142

久しぶりにボタンホールを作って紐通しの穴をあけました。

200814

職業用ミシンでボタンホールを作るのにこちらをミシンにつけます。

2008141

ミシンについた状態です。

これでボタンホールを縫います。

以前に使い方がうまくなくて、2度故障させてしまい、一度は器械を買いなおし、もう一回は修理に出しました。

なので使うたびにものすご~く緊張をします。

今回は無事に作ることができてホッとしてます。

 

紐通しの穴をあけたものは、畑作業用の上着になる予定。

畑に行って収穫するときは長そでの服か腕を覆う腕貫が必須です。

なのでもう一つ服を縫うことにしました。

久しぶりに服を縫ったり…楽しいです。

 

 

2008143

マスクを少し縫いました。(自家用)

内側はさらしを使用しています。

個人的にはプリーツマスクのほうが好きなのですが、洗って乾かすのには立体のほうが良い気がしてます。

型紙は以前にネットで買い物したお店でいただいたもの。

マスクは雑草取りの時も活躍してます。

 

 

|

ポーチ

8月になりましたね。

依頼いただいた作品を制作したり、ちょっと犬の調子が悪くて病院に行ったりとバタバタしたりしてました。

そして暑くてバテています。頑張って食べて過ごしてる感じです(笑)

 

自分用にポーチを二個作りました。

今まで使っていたもの(買ったもの)のサイズが使いやすかったのでそのサイズで作りました。

200807

端切れを使ってこちらは表も中も赤の生地。

アップリケは数年前に道立近代美術館で買ったもの。

「ネネロック」さんのアップリケです。

金魚の向きがどうなるのが正解なのかなぁと思いつつ、自分の好みでつけました。

元気が出るポーチになった気がします。

 

もう一つは象の生地でポーチ。

こちらは上のポーチより小さいです。

2008071

充電器の線などを入れて持ち歩くのにちょうどよいサイズなのです。

 

 

昨日夜中から今日の夕方まで強風が吹いてました。

朝起きたら畑の作物軒並み倒れてまして、やっと風が落ち着いてきたころに畑に行って収穫して、倒れている作物起こしてきました。

ミニトマトこれから赤くなるのに大丈夫かなぁ・・・。

土についてしまった青いトマトは収穫してピクルスにする予定です。

 

 

 

 

|

より以前の記事一覧